3級試験詳細

3級 検定試験について

試験の程度・内容

試験方法は筆記試験(マークシートによる多肢選択方式)です。
試験日・検定料・合格証明書については試験概要をご確認ください。

試験実施時間

11:20~12:30(説明10分・解答60分)

程度
基礎的な論理設計及び情報処理の知識を持ち、情報処理装置及び制御装置の基本原理並びに簡単な応用技術の原理を理解し、これを利用することができる。
内容
  • 電子部品及び電気回路の基礎知識がある。
  • アナログ・ディジタル変換の概念がある。
  • 2進数、10進数及び16進数による演算、相互変換ができる。
  • 論理関数の基本原理が分かり、論理回路が構成できる。
  • 簡単な計測、制御機器及び素子に関する知識がある。
  • 原理的な計算機の構成及び制御の考え方が分かる。
  • 計算機システムを構成する各種機器の機能概要及び用途を知っている。
  • 各種ソフトウェアの名称、用途及び特徴を知っている。
  • 日常生活にコンピュータが利用できる。

過去問題・模擬試験

過去問題の閲覧と模擬試験にチャレンジできます(無料)

ディジタル技術検定試験問題集

3級:A5判・1,300円(税込)
受験準備書(参考図書)の購入