公益財団法人 国際文化カレッジ 運営組織について | 個人情報保護方針 | お問い合わせ
  ディジタル技術検定 - 試験概要
ディジタル技術の概要
 情報化社会において、その核となるコンピュータは、日常の中でもさまざまな形・規模で使用されています。
 その応用分野としては、まず第一に情報の処理があげられ、大量の情報を速く処理する能力は、現在の社会では欠かせないものです。一方、制御を目的とした応用も広く行われ、無人化された工場の制御システムから家庭電化製品の制御まで、多くの例が見られます。これらの中で使われている技術の一部は、ディジタル技術としてまとめることができます。
 コンピュータに関連した検定試験としては、従来から主に情報の処理に関するものが行われていますが、本検定では、情報処理から制御まで「ディジタル技術」を中心としてまとめました。それだけに、試験内容は広範囲にわたりますが、2級からはそれぞれの得意な分野に挑戦できるように<情報部門>・<制御部門>に分けて実施しています。

歴史
 昭和47年に始まったラジオ・音響技能検定(平成27年にて休止)は、累計で30万人もの合格者がメーカーを中心に活躍されています。そこから平成元年にコンピュータ系の技術を独立させたものが「ディジタル技術検定」です。長い歴史を有する技術系検定のため、メーカーや工業系学校における知名度・信頼性が高い検定といえます。

レベルと社会的評価
 本試験は4級から1級までの4つのレベルに分けられており、学生から第一線で活躍中の高度技術者まで、広い範囲の人を受験対象としています。さらに1・2級では情報部門と制御部門を分割し、それぞれの高度な専門知識を評価できるように配慮されています。段階を追って受験級を高めていくことで、包括的なディジタル技術の知識が自然と養われ、軸足のしっかりした堅固な知識を有することが期待できます。
  累計受験者 累計合格者 累計合格率

第54回試験結果
(受験者/合格者/合格率)

1級情報 1,321 235 18%
1級制御 1,042 143 14%
2級情報 17,889 11,196 63% 235/138/59%
2級制御 22,025 10,547 48% 271/153/57%
3級 79,261 43,929 55% 406/305/75%
4級 61,750 50,587 82% 200/161/81%
(第54回試験までの累計)

受験会場について
本会場: 一般の方が受験できるオープン会場。試験実施毎に設定されます。本試験会場一覧はこちら
準会場: 学校や企業が自校(社)を会場として、学生(従業員)を受験させることができる特設会場です。設置基準が設けられていますが、本会場が近郊にない場合は、少人数でも設置は可能ですので、詳細につきましては、学校・企業の責任者を通じて検定部までお問い合わせください。

願書請求について(無料)

 当検定は年2回、6月と11月の第4日曜日を受験日としています。受験申込みには、願書の提出と受験料の振込が必要ですので、まずは、願書一式をご請求ください。個人受験の願書請求はいつでもお受けいたしますので、下の願書請求ボタンから、必要事項を入力の上ご請求ください。なお、願書受付期間の〆切りが近い場合はお電話にてご相談ください。

個人願書一式は以下のリンクから、
所定のフォームに記載いただきお取り寄せください。

個人情報保護方針

※当カレッジは、お申込みや個人情報のコンピュータ管理を
(株)ユーキャン〔U−CAN〕が開発したコンピュータシステムにより厳重に管理しております。
個人情報の入力画面は、〔www.u-can.co.jp〕に移行します。

  なお、学校や企業の団体受験を希望される場合は、6月検定の場合は4月初旬、11月検定の場合は9月初旬にご案内をお出しいたします。受験をご検討いただける場合は、検定部までお電話ください。

検定部:03-3361-1541
(土・日・祝 年末年始を除く 9:00〜17:30)