公益財団法人 国際文化カレッジ 運営組織について | 個人情報保護方針 | お問い合わせ
  ディジタル技術検定試験 - 2級審査基準

 2級 ディジタル技術検定試験
試験日: 平成 29 625 日(日曜日)
願書受付: 平成29年4月25日(火)〜5月25日(木)
過去問題の閲覧と無料の模擬試験にチャレンジできます。
模擬試験にチャレンジ

試験の程度・内容
【 情報部門 】
程度 やや高級な情報処理理論及び情報通信理論を理解し、各種情報処理装置の動作原理及び利用技術を知り、設計、運用、応用などの実務ができる。
内容
情報処理理論及び情報通信理論の知識がある。
ファイル設計及びデータ構造に関する基本知識がある。
計算機本体装置に関する知識がある。
計算機周辺機器に関する知識がある。
計測及び制御に関するソフトウェアの知識がある。
各種の数値解析手法の原理を知っている。
高級言語によるプログラミングの設計、試験及び運用ができる。
システム構成に関するソフト的知識がある。

【 制御部門 】
程度 やや高級な論理設計理論及び自動制御理論を理解し、計算機、計算機応用装置の動作原理及び利用技術を知り、設計、試験、運用などの実務ができる。
内容
電子素子及び電子回路の知識がある。
アナログ・ディジタル変換に通じている。
論理設計の知識があり、論理回路が組める。
自動制御理論を理解し、計測及び制御機器に関する知識がある。
計算機本体に関する知識がある。
補助記憶装置及び入出力装置に関する知識がある。
システムをはたらかせるソフトウェアの知識がある。
ディジタル応用機器について、概要を知っている。
試験方法及び時間
方法 筆記試験(マークシートによる多肢選択方式)
実施時間 情報部門 13:00〜14:40(説明10分・解答90分)
制御部門 14:50〜16:30(説明10分・解答90分)
(2級は情報部門と制御部門とに分かれ、それぞれ独立しており別個の受験になります)
検定料
2級 5,000円
二つの級又は部門を併せて受験する場合は、両方の検定料を合計した金額となります。
受験資格
学歴、年齢、性別、実務経験などに一切制限はありません。
合格証明書
必要に応じ合格証明書を発行します(手数料500円)。
合否通知(コピー可)に証明書希望枚数×500円分の切手を添えてお申し込みください。
合否通知を紛失されている場合は、合格証明書交付申請書をダウンロードして、必要事項を記入の上、申請してください。

合格証明書交付申請書 (PDF)

合格者には無料で「合格証書」が交付されます。ご希望の方は郵送料140円切手同封の上お申し込みください。
願書請求方法

「ディジタル技術検定試験、受験案内(願書)」を検定部へご請求ください。
公益財団法人 国際文化カレッジ ディジタル技術検定部
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4−2−38 ユーキャンビル1F
電話:03-3361-1541

願書請求(個人)

受験ガイド

◆ディジタル技術検定試験問題集
2級情報部門:A5判・2,500円(税込み)
2級制御部門:A5判・2,500円(税込み)

受験準備書(参考図書)のご購入について詳しくは下記をご覧ください。

受験準備書のご購入

受験準備書(参考図書)のお申込み方法について説明しています。